fujiwaradeath

できごと

日常

フジワラblog

12月31日

evernote 整理してたら昔のバイトメモが出てきた(大汗)

 

1㍑の味噌=326g(白)+324g(赤)+40g(ダシ)=690g

0.5㍑の味噌=163g(白)+162g(赤)+20g(ダシ)=345g

麦(残3~4で自発的にやる)
ビニール袋(2g)

リセット

502g

 

黒い想い出が蘇る…

12月22日

目白界隈のゴーストアパート増えたな…

 

そして増えるデイサービスの施設。

12月19日

公園に行くと犬を連れた初老の男女の集団がたむろしている。

 

これから高齢化社会になるにつれこのような光景が至る所で見られるようになるのであろうか…

 

実際10年前に道端でスマホとにらめっこしている人達が至る所で見られるなどとは想像もしていなかった自分のあの頃を思う…

 

などと、人気のない川沿いの遊歩道でスマホを操作する自分を訝しげな表情で見ながら前を通りすぎて行く品の良さそうなお婆さんもいたりする。お婆さんは自分の視線の先を神経質そうにいつまでも眺めていた。

12月18日

今日YouTubeにひさびさにログインしたら👍マークの他に👎マークついとった。ネットは悪意あって正常に動いてるったことだね。まっ、100人見られて1人もダメ出しされないのも不思議だったんでなんか納得の👎出し、精進するだけさ、ディスられるのはリアル社会で慣れている。

12月15日

近所でちょっとヤバそう(あくまで見た感じ)なおじさんを多く見かけるようになった気がする。

 

まぁ、ブツブツと何やら独り言を言うだけで特に危害を加えてくる訳でもなく何処にでもいるよ、と言ってしまえばそれまでだが、こういった居場所を失われた中年男性を見かけるとせつない気分になる、といって自分にこの瞬間何かをしてあげられる訳でもない。道行く人も訝しげな表情を浮かべただ通り過ぎて行く。

 

明日は我が身の厳しい現代人、幸せな人達にはフィルターでもかかったように見えない透明人間にも感じる。

 

廃品回収車のアナウンスに鉄クズが加わり、壊れていても構いませんのアナウンスは10年前から変わらない。

12月13日

コンビニのレジに並ぶとレジ周りでお爺さんがブツブツと何かを店員に訴えかけていた。まぁ普通にレジを待っていた自分、お爺さんはいっこうに退く気配がない、って思っていたら店員さんが「どーぞ!」って言ってきたのでレジに購入する物を置いた。レジ打ち始める店員、お爺さんはブツブツと何かを口走りながらその場をゆっくりと立ち去って再び店内を徘徊する。

 

高齢者に対応するのが施設やホームの関係者だけでなく、こういったコンビニ店舗の従業員も今後は接客やらサービスやらに四苦八苦する時代が来たんだな、って感じた。

11月20日

「自転車に乗ったお爺さん同士が夕暮れの混雑した踏切内ではいとも容易く転んでしまう」という光景を目の当たりにした、起き上がるまで10秒くらいの時を要する、踏み切りの音が鳴る、20秒くらい経っただろうか、あの緊急事態以外に押してはいけないボタンを探してしまう、周囲の人の助けもあり、お爺さんと自転車は踏み切りの外へ、駅前の人が多い場所で良かった…
スーパーの袋をつめる場が埋まってるのに初めて遭遇した。アンケートを書く台で袋詰めをする、一斉に場所が空く。

(c)made.infujiwara